ギャンブル依存症になりやすい人なりにくい人

日本では、成人の約5%がギャンブル依存症になっていると言われています。外国諸国と比べると2%未満でかなり高い数値になっています。

依存症になりやすい人・なりにくい人
ギャンブル依存症は、病気です。しかしアルコール依存症や薬物依存症などと違い目に見えて分かり難いので、気付かないうちに進行してしまう事が多いです。私も気付かないうちにあっという間にどっぷりとはまっていました。

また、非常に再発しやすいのも特徴でふとしたきっかけで再びハマってしまう「病気」なのです。自分自身の意志の弱さ、ダメな人間がなると思うかもしれませんが、誰もが依存症になりうる可能性を持っています。
ではどんな人がなりやすいのでしょうか。

自分は大丈夫と思ってる?依存症になりやすい意外な人

ギャンブル依存症になりやすいのは以下のような人だと言われています。

  • 真面目な人
  • コミュニケーションが苦手な人
  • 内にこもる性格の人
  • 自分の評価が低い人

また、

  • 気分屋
  • 人に弱みを見せられない
  • 物事をあまり深く考えない

意外にも真面目な人がギャンブル依存症になりやすいようなのです。
真面目な人はストレスを抱えやすく、またストレス発散の仕方も分からないため、ギャンブルの高揚感が非常に刺激的になり、この快感を得るためにどんどんハマっていくようです。
また、現実逃避をするためにギャンブルをする人も少なくなく、そういった形でハマっていく人も多いようです。

どうしたらギャンブル依存症にならない?

ギャンブル依存症になりやすい性格の中でも個人的に非常に関係が強いと思うのはコミュニケーションが苦手な人、内にこもる性格の人だと思います。
何でも話せる友達を作ったり、人に相談をしてみる、という事をすればギャンブル依存症から脱却できるかもしれません。

TOP>>ギャンブル依存症になりやすい人なりにくい人