パチンコに依存するということ~依存症の原因と対策~

パチンコ・パチスロに限らず「依存症」という言葉をよく耳にします。
依存症から脱するためにはまず依存症を詳しく知らなければなりません。
パチンコ依存はれっきとした精神病です

そもそも依存症とは

依存症(いそんしょう、いぞんしょう、Dependence)とは、WHOの専門部会が提唱した概念で、精神に作用する化学物質の摂取や、ある種の快感や高揚感を伴う特定の行為を繰り返し行った結果、それらの刺激を求める抑えがたい欲求である渇望が生じ、その刺激を追い求める行動が優位となり、その刺激がないと不快な精神的、身体的症状を生じる精神的、身体的、行動的な状態のこと。

参照
依存症 – Wikipedia

端的に言えば「他の何よりも○○が欲しい・やりたい・優先したい」という状況です。

例えば「常にたばこを2箱以上持っていないと不安になる」という「精神依存」、「一定時間ニコチンを摂取しない事によって手が震える」という「身体依存」の2種類の依存を合わせて「たばこ依存症」という表現になります。

パチンコ・パチスロの依存症とは

依存症はれっきとした精神病

パチンコ・パチスロの依存はれっきとした病気です。
パチンコを辞められないのはあなたがだらしないからでも意思が弱いからでもありません。
とどのつまり病気なんだからと割りきってしまい、自分を攻める必要など一切無いのです。

もしあなたが風邪を引いてしまった場合、ゆっくりと寝て養生するでしょうし、ひどくなりそうであれば病院に行って薬をもらうでしょう。
風邪の症状に早めに気づくことができれば、少し食生活に工夫を加えたりいつもより暖かくして寝るだけで特につらい思いをせずに済むことだってあります。
風邪を引いたからって自分を攻めませんよね?パチンコ依存症も風邪と同じだと楽に考えてください。風邪もパチンコ依存も迅速かつ適切な対処を行うことが大切なのです。

風邪は寝れば治ります。薬をもらえば治ります。
ただし合併症(気管支炎や関節痛)を発症している場合もあり、医者の正しい判断が必要になります。

パチンコ依存症もまずはこのサイトの体験談や方法論を参考に自己療法を試みてください。軽度なものであれば日々の積み重ねでゆっくりと回復に向かうはずです。

風邪を引いて、寝ても治らなかった時、早く確実に治したいとき、薬を飲まなければなりません。

医者に頼って早く確実に治す

パチンコ依存症も同じように医者・薬があります。
いくつか代表的なものをご紹介いたします。

販売価格は6,480円です。薬を貰う前に薬剤師から説明を受けるのと同じように、購入前にメールで相談することも可能です。

パチンコ パチスロをやめる方法【パチンコパチスロ依存解除マニュアル】

販売価格は14,800円です。無料のメールマガジンも用意されています。

パチンコ依存症を脱出する方法 – パチンコ中毒(ギャンブル依存症)から脱出する心理ノウハウ 「もうバカらしくてパチンコなんてやってられないよ」吐き捨てるように言った、その理由を知りたくはありませんか?

販売価格は12,800円です。メールサポートやスカイプサポートもあり、本当に辞めたいという気持ちを最後までサポートしてもらうことができます。

脱パチンコの最終兵器

どの商品も1回の負け分より確実に安い金額ですよね?
風邪と同じように早急に適切な対処を行うことで苦しみから開放されるのです。
薬に頼りたくないという方はこのサイトの方法を試してからでも遅くはありません(このサイトの方法は全て無料で実行できますからね)。
追い込まれた時は薬の存在を思い出してください。

合併症状が出てしまっている方へ

パチンコ・パチスロに重度に依存してしまっている場合、「多額の借金」という合併症が出てしまっているケースも有ります。

安心してください。
パチンコをやめるより簡単な方法があります。専門家である法律事務所に相談することです。
無料電話相談が可能です。

繰り返しますが無料で電話相談ができるのです。
電話をかけるだけなのですから、パチンコをやめるよりはるかに簡単なはずです。

ジャパンネット法務事務所

最後に

依存症はれっきとした精神病です。
風邪と同じように早期発見&適切処置が必要な病気なのです。

1人で悩まないでください。
風邪は悩んでいても治りませんよね?
早く確実に治したいのであれば、
・医者に相談する
・薬に頼る
ことも視野に入れて前向きに生きてください。

TOP>>パチンコに依存するということ~依存症の原因と対策~