収支を付けてまずはどのくらいパチンコで負けているのかを理解しましょう

まずは収支を付けましょう

トータルでは勝ってる!?それ本当?

パチンコをなかなか辞められない人にありがちなケースとして、「自分がどのくらい負けているのかを一切把握していない」というものがあります。
挙句の果てには「今日は負けてしまったけど、トータルでは勝ってる、明日取り返そう」などと負けた言い訳&根拠の無い自信を生み出す原因にもなっています。

お前は今まで負けた金額を覚えているのか?

ついパチンコでの負け額を気にして買いたいものを我慢した経験がありませんか?
給料日後すぐに大敗し次の給料日までどのように凌ごうかと不安を覚えたことはありませんか?
生活費までもままならないっほどに負けていませんか?
『ジョジョの奇妙な冒険』という漫画の一節に、「おまえは今まで食ったパンの枚数をおぼえているのか?」というセリフがあるのはご存知でしょうか。
これは「そんな日常的なことを覚えているわけがないだろう」という反語的な意味合いで使用されているセリフです。
「あなたは今までパチンコにいくらつぎ込んだか覚えていますか?」「今後いくら負け続ける予定ですか?」

物事の「見える化」はあなたが変わる第一歩です

簡単に自分自身がドブに捨てている金額を把握する方法があります。
勝った負けたにかかわらず、毎回必ず収支を残すことです。
ノートでもスマートフォンのメモ帳でも見返せるものであればどのような媒体でも構わないので、まずは、最低限日付と金額だけでも残してください。
パチンコをやめる・やめないに関わらず、まずは1つの行動として始めてください。
お店や機種や時間などを詳しく記入してみるのもよいでしょう。
どこの店でなんの機種で何時間かけていくら負けたのか?
半年続けてみてください。継続が大切なのです。
その積み重ねがある日形となって現れます。
収支を改めて見返して「ああ俺はなんて馬鹿なお金の使い方をしたんだろう」と自己嫌悪に陥るかもしれません。
そうなってしまえば脱パチンコの第一歩です。少なくとも収支を見返して自己嫌悪に陥ったその日、あなたはパチンコに行くことはないでしょう。

強い意志の礎を創る

パチンコを辞めたい理由は何ですか?お金の問題?時間の問題?その両方?
どのような結果にも必ず原因があります。
あなたがパチンコを辞めたいと考えた原因はなんですか?
理由がわからないまま「パチンコを我慢する」という難易度の高い行動を続けられるわけがありません。
まずはなぜ辞めたいのかを正確に把握する必要があるのです。
「これまでにパチンコで1000万負けた。今日は2万、昨日は3万、一昨日は・・・」
これ以上お金を1円たりとも使いたくない。
だからやめるんだ。
収支をつけ続けることで必ずあなたの「パチンコを絶対やめるぞという意志」の礎になるはずです。

TOP>>収支を付けてまずはどのくらいパチンコで負けているのかを理解しましょう