専業主婦がパチンコにはまりやすい理由

意外!パチンコ参加人口は女性が増加している?!というエントリーでもご紹介いたしましたが、現在女性のパチンコ依存が社会問題になっています。
主婦がパチンコで借金を作ってしまうケースが激増

TVなどでも「主婦がFXで1000万円以上の貯金を溶かしてしまった」「パチンコで100万円以上の借金を作ってしまった」というケースを最近良く見かけます。

本来家庭を守るべき専業主婦がなぜギャンブルに手を出し、取り返しのつかないような金銭的問題を起こしてしまうのでしょうか。

比較的自由に使える時間がある

まだ子供のいない家庭、子供が大きくなり手のかからなくなった家庭に多いケースです。
昔の専業主婦といえば、掃除洗濯買い物裁縫とやること盛りだくさんなイメージですが、様々な電化製品が発展した現在、掃除はルンバ任せ、洗濯は全自動乾燥機付き洗濯機のスイッチを押すだけ、買い物は通販の定期宅配、裁縫はクリーニング屋まかせと時間を持て余す主婦も多いのではないでしょうか。

本来であれば空いた時間で料理教室に通ってスキルアップ!とか、パートに出て貯蓄を作る!と言った素晴らしい時間の使い方をするべきところを、何かのきっかけでパチンコ依存症という泥沼にハマってしまう主婦が続出しているのです。

主婦友達とパチンコへ行ったことをきっかけに、どっぷりと依存症にハマってしまい、貯金を使い果たすどころか夫に言えない借金を作り、見捨てられて離婚…
職歴もスキルも社会的信用も無い、借金まみれの40代女性が露頭に迷うという、救いようのないケースまで現実に起こっているのです。

「あくまで趣味の1つとしてパチンコを」などと考えている方、パチンコはギャンブル依存への第一歩です。趣味で終わることなどまず無いと考えて下さい。気づけばパチンコ依存症で、家事も適当、夫に言えない借金がある…なんて状況になりたくなければ、今すぐ別の趣味を見つけて下さい。
参考ページ
40代専業主婦がパチンコを辞めた方法〜脱パチンコ体験談(1)〜

お金の重みを理解していない

何もしなくても旦那の稼ぎで十分、上手いことやりくりしなくても毎月貯金が出来るような家庭に多いケースです。

専業主婦の場合、食品や日用品を買うときのみ、つまり生活費としてお金を使う機会ばかりです。
もちろん自身の洋服や化粧品なども買いますが、それだけでは人間が本来持っている消費欲をうまく消化しきれずに、高額なブランド品や不必要な化粧品・健康器具購入などの買い物依存症になってしまうケースがよく有ります。
買物依存症と同様に多いのがギャンブル依存症です。

ギャンブルの場合は特にたちが悪く、消費欲と共に日常では得られない興奮感やドキドキ感を得られてしまうことです。
よって、買い物依存よりも抜け出しにくい負のループにハマってしまいがちなのです。

あなたが負けたお金は誰がどのようにして稼いできたものなのでしょうか。
そのお金で何ができたでしょうか。今一度考える時間を作ってみてください。

まとめ

  • 主婦は学生など共にパチンコ依存症になりやすい
  • 学生が親に言い出しづらいように夫に言えない借金を抱えてしまいがち

TOP>>専業主婦がパチンコにはまりやすい理由