意外!パチンコ参加人口は女性が増加している?!

パチンコは女性のほうがはまりやすい!?
ここ最近ではパチンコがより身近になり、お店でも女性が打っているなんてことも珍しくなくなってきていると感じられます。
昔は、女性はほとんどいず、水商売の人が少しやっているというイメージでした。

2014年にレジャー白書が発表した「パチンコ参加人口は970万人と1000万人を割った」という事はパチンコ業界でも激震が走ったようです。
その中で参加人口を性年代別で見てみると

“性年代別の参加率では、男性が前の年から3.0%の大幅減で13.9%にまで落ち込んだ一方、女性は0.4%増の5.5%でほぼ横ばいを維持した。男性は20代の若年層が大きく落ち込み、数年来の傾向である若者のパチンコ離れが加速している様子が窺えるものになっている。”
出典
レジャー白書2014発表 パチンコ参加人口は大台割れの970万人 | パチンコ・パチスロ、業界ニュースを配信 遊技通信web

となっています。パチンコ参加人口全体は減少していますが、女性参加人口は増えているのです。

ギャンブルは女性の方がハマりやすい?!

男性と女性では、男性はギャンブル依存症になるまでに20年近くかかるが、女性は10年以内にギャンブル依存症になると言われています。
男性の場合、「ギャンブル」が目的で、お金が欲しいからやっている人が多いのに対し、女性の場合、「ストレス解消」が目的の人が多いようです。大当たりをし「ごほうび」が出る事が快感になり、その快感を得るためにパチンコをやるため、男性に比べて依存症になりやすい、という事みたいです。

また、女性の場合、特に主婦などは仕事で時間に縛られるという事がなく、時間も自由に使える場合があるため、その分パチンコをしやすい環境にある、というのも原因の一つだと思います。

女性の方も男性以上に気をつけなければいけませんね。

TOP>>意外!パチンコ参加人口は女性が増加している?!